こちらの展覧会は終了しております。多くの方のご高覧をありがとうございました。

 

特別企画展

【子午環- 盛岡・旧石井県令邸 「ヒカリアレト」vol.1】

岩手県盛岡市の歴史遺産・旧石井県令邸(※)において、

浅見貴子、平体文枝、本田恵美による展覧会を開催いたしました。

 

FBページ 

 

〇展覧会 概要
10月16日(月)〜11月4日(土) 
午前11時〜午後5時 日曜休館 
入館料 300円 
施設保存・維持のため、全額が県令邸へ寄付となります

 

〇会期中のトークイベント 
「作家と県令邸のこれまでとこれから」 
10月21日(土)
午後2時〜4時  

 

登壇者
大野正勝(岩手県立美術館・上席専門学芸員)
浅見貴子平体文枝・本田恵美(本展出品作家)
千葉(早坂)幸子(旧石井県令邸管理者)

 

※旧石井県令邸
盛岡で最も古い明治18年建設の煉瓦造の洋館。
当時の岩手県第二代県令(旧岩手県知事)石井省一郎私邸。
第二次世界大戦終戦後、米国進駐軍CID(陸軍犯罪捜査司令部)に接収される。
返還後、郷土の作家である松本竣介、舟越保武らが絵画教室に使用したと伝えられている。
昭和42年 准看護高等専修看校として開校。
昭和52年 盛岡市保存建造物に指定される。
時代ごとにその役割を変えながら、所有者の熱意が受け継がれ、現在に至る。

 

 

 

「ヒカリアレト」
昭和初期の詩人・立原道造(1914-1939)が、東京から盛岡を訪れた際に著した「盛岡ノート」からの一節で、県令邸近くに詩碑があります。この県令邸を子午環(南北子午線上の天体を正確に観測する装置)と位置づけ、今回の芸術交流が光となり、また築130年の県令邸にこれからも火が灯り続けるよう””光あれと"と願いを込めました。

 

◆主催:旧石井県令邸芸術交流プロジェクト
◆協賛:公益財団法人朝日新聞文化財団、株式会社 東京組、シリウスグループ
◆後援:岩手日報社、ベルギー王国大使館、伊藤建設 株式会社、めんこいテレビ
◆協力:ギャラリーカメリア、TEAM KANESAKU(Edit&Design)

 

 

 

“May There Be Light!”

“The Meridian Circle: Morioka,
The Former Governor Ishii’s Residence”

...

We are pleased to present “May There Be Light!” with the participation of artists Takako Azami, Fumie Hiratai, and Megumi Honda.

 

Period: Oct. 10—Nov. 4, 2017
Open: 11:00—17:00
closed on Sundays

Admission: 300 yen
donated to the Ishii Residence for preservation and maintenance

Venue: The Former Governor Ishii’s Residence
Address: 7-51 Shimizu-cho, Morioka, Iwate

 

Official websites of the artists:
Takako Azami http://www.takakoazami.com/ 
Hiratai Fumie http://hirataifumie.com/index/home.html

 

 

Built in 1885, the Ishii Residence is the oldest Western-style brick building in Morioka. It was the residence of Iwate Prefecture’s former Governor, Shoichiro Ishii.
When World War II ended, the residence was taken over by the CID (US Army Criminal Investigation Command) of the US occupation forces. After the building was returned to the original owner, it is said to have been used to hold painting classes by such artists as Shunsuke Matsumoto and Yasutake Funakoshi. In 1977, the residence was designated to be preserved as a historic building of Morioka.

 

 

“May There Be Light!”
The exhibition title derives from a verse in “Morioka Note,” written by the early-Showa-era poet Michizo Tachihara (1914-1939) during his visit to Morioka from Tokyo. The verse is also in the poem inscribed in the monument that sits near the residence.
By positioning the Ishii Residence to be the meridian circle (an instrument that moves only on a North–South line, in order to observe the transit of celestial objects across the meridian), we hope that “There May Always Be Light” upon the 130-year-old residence, with this art-exchange project acting as the light.

 

 

Gallery Camellia

■住所

   〒104-0061

   東京都中央区銀座1-9-8奥野ビル502号

 

■連絡先

   info@gallerycamellia.jp

 

■営業時間

12時~19時 (最終日17時まで)

展示によって異なりますので

あらかじめご了承くださいませ。 

 

■11月12月の休廊日

11/6、13、20、27

12/4、11、18、25~31

 

2018年 1/1~1/11

 

 

 

安達ロベルト

写真講座

 

 7期開始

 

詳細は

写真講座のタブをご覧ください