安達ロベルト×ギャラリーカメリア写真講座  18期

【 光の時 | Time for Light 】 

 

第18期『光の時』募集スタートいたします。

2021年5月~8月の全4回、すべてZOOMオンラインによる講座です。

   

©Robert Adachi
©Robert Adachi

 

 

「志村ふくみを写真から読む」

 

  

「ある人が、こういう色を染めたいと思って、この草木とこの草木をかけ合わせてみたが、その色にならなかった、本にかいてあるとおりにしたのに、という。私は順序が逆だと思う。草木がすでに抱いている色を私たちはいただくのであるから。どんな色が出るか、それは草木まかせである。ただ、私たちは草木のもっている色をできるだけ損なわずにこちら側に宿すのである。」

    ― 志村ふくみ「色をいただく」より

 

10年近く前のあるとき私は、染色家で随筆家である志村ふくみさんの著書に「再会」しました。それはちょうど写真家としての自分の色を問い直していた時期で、白黒写真のトーンへの飽くなき探究の最中でした。ネットで紹介されていた志村さんのエッセイをたまたま読み、そこにヒントがあると直感し、本を何冊か買ったのでした。志村さんの文は十代の頃に読んだことがあって、強く印象に残っていましたが、写真を始めてから読むのは初めてでした。丁寧に織り上げるようなその言葉は、色への新しい視座を示してくれ、写真家としての私にとって色とは何か、熟慮する機会を与えてくれたのです。その後しばらく私のカメラには、白黒フィルムの代わりにカラーネガフィルムが入ることとなりました。

 

「光の時」18期では、志村ふくみさんのエッセイを共に読み、それをヒントに写真を撮ってみます。今期は、写真のテクニックや現代美術の文脈から少し離れて、いわば「感性のヨガ」みたいなことをやってみたいと思います。

 

安達ロベルト

 

 

ギャラリーカメリアで2015年より継続しております写真講座、第18期のご案内です。

緊急事態宣言が出されるというタイミングでのご案内で、今期も大事をとってオンラインでの授業といたします。

ギャラリーの光の移ろい、ロベルトさんの珈琲、受講生同士で交わす言葉や皮膚の感覚など、face to faceは大切な要素ですが、オンラインではいつも以上に画面に集中し、オンラインならではの魅力的な世界の今のアート情報、また、海外や関東以外の受講生からの生きた情報をシェアできるなど、新しい発見も多くあります。昨年からは、毎回受講生が、好きなアート、興味のあるアートを紹介するということを行なっています。そこでは受講生が講師です。教えることは学びの一番の方法です。

 

インターネットは広義の「光」によるネットワーク。より広い視野から写真を考え、つくり、共有します。

オンラインでも『光の時』を思い切り楽しみましょう。

 

ギャラリーまでおいでいただくためのお時間を有効に使えることや、何より、未だ先行き不透明なウィルスへの対策として、安心な気持ちで授業に臨めます。

講師からは、一人ひとりが新しいアイディアを発想するためのヒントが毎回用意され、また、講座と講座の間には、講師が週1回、受講生だけが読むことのできるヒントや議論の題材に満ちた手紙が送られます。

土日ともに開講いたします。

 

 

<募集要項>

◯日程 全4回・9:00~11:30

土日どちらかお選びください。

土曜:5/15, 6/26, 7/24, 8/28

日曜:5/16, 6/27,7/25, 8/29

各曜日 6名

 

 

 

◯受講料

¥32,000(税込)

リピーター割引・ご家族割引 \28,000-

 

◯目的:3つの「愛でる」

・光を愛でる

・写真を愛でる

・時を愛でる

 

◯参加資格

・年齢、性別、国籍、写真歴の長短は不問

・光、季節、話等を通じて、写真の時間を純粋に楽しみたい方

・毎回出される「お題」に積極的に取り組むつもりの方     

※ カメラをお持ちでない方はご相談ください

 

◯ドレスコード

今期はナシです

 

◯修了特典

・ 当ギャラリーでの展覧会が20%割引で開催できます。

・ 撮影会、自主講評会、美術館見学、懇親会なども実施しています。

・受講生による展覧会を定期的に行います。

 

◯お申込み方法

・ご芳名

・ご連絡先(メールアドレス、日中ご連絡可能なお電話番号)

を明記の上、メールまたはFacebookメッセンジャーにお送りください。

お手続きにつきまして返信いたします。

 

◯講師

安達ロベルト

アーティスト/写真家/作曲家

www.robertadachi.com

上智大学法学部国際関係法学科卒業。大学では難民問題を研究

演劇・ダンス・映像・テレビ番組等に楽曲を多数提供

銀塩モノクロ写真制作を活動の核に置き、広告・エディトリアル等の分野でも撮影

ファインアートの分野で、国内外で受賞多数

写真の魅力を音楽や水彩、ドローイングなどのアプローチで引き出すワークショップも行っている

 

◯主催・会場

ギャラリーカメリア

東京都中央区銀座1-9-8 

奥野ビル#502

連絡先Mail:info@gallerycamellia.jp 

 

 

 

©Robert Adachi
©Robert Adachi