安達ロベルト×ギャラリーカメリア写真講座  19期

【 光の時 | Time for Light 】 

 

第19期『光の時』募集スタートいたします。

2021年9月~12月の全4回、すべてZOOMオンラインによる講座です。

   

©Robert Adachi

©Robert Adachi 

 

 

「風の時代の写真」

 

世界は土の時代から風の時代になったと言われます。社会で価値があるとされていることを努力して勝ち取る時代から、あなた自身がワクワクすることに努力とはちがうかたちでコミットする時代です。

写真の世界もそうです。特別な機械を持つ人が、苦労して身に付けた専門的技術を使って撮る時代から、誰もがカメラを持ち、軽やかに撮る時代になりました。

 

これからの時代に大切なのは、楽しいこと、楽しむこと。

「楽しい」と「楽」は漢字がいっしょなので混同しがちですが、楽しいこと(joyful)は、必ずしも楽(easy)ではありません。

何かを学ぶこと、成し遂げることは、多くの場合イージーではありません。でも、そのプロセスを楽しいもの、よろこびのあるものにすることができます。

 

そこで今期も、前期に引き続き、「感性のヨガ」のようなものを目指します。

ヨガでは、日常とちがう身体の使い方や呼吸をするので、楽にできないこともあります。でもその結果、心身の心地良い感覚が得られます。

 

当講座では、日常とはちがう感性と頭の使い方をして、心と知性の心地良い感覚を得ることをめざします。

テーマは「風の時代の写真」。それにふさわしい感性と頭を使うテーマを講師が出し、ともに考え、写真にします。当講座は、写真撮影技術の直接の向上を目指すものではありません。しかし、心と知性の心地良い感覚とともに、あなたの可能性の扉が開け、より創造的になるはずです。

 

安達ロベルト

 

 

全4回、zoomによるオンライン授業です。

必ずしも写真を上手に撮るため講座とは限らず、写真に昇華させるプロセスを大切にすることで、ものの見方、想像力、創造性が深まります。

オンライン講座になり1年半、海外など遠方からの受講や、土日とも聴講可能など、オンラインならではの多くの恩恵を感じています。

継続は力なり。

繰り返し、繰り返し以下のようなことをしています。

 

◯ これまで無意識に行なっていたこと、使っている言葉をあらためて意識するために、考え、調べ、自分なりの定義をし、写真でかたちにする。

疑わずに信じていたことを違う角度から見てみるような問いです。

 

◯ 考えたこと、調べたこと、写真にしたことをもとにディスカッションします。

 

◯講座と講座の間に、講師から週1回の受講生だけが読むことのできるヒントや議論の題材に満ちた手紙が送られます。

 

 

〈 募集概要 〉

 

◯日程 全4回・9:00~11:30

 

土日どちらかお選びください。

ただし土日両日とも聴講可能です。

 

・土曜コース

9/18,10/23,11/20,12/18

・日曜コース

9/19,10/24,11/21,12/19

 

◯定員 各曜日 6名

 

◯受講料

¥32,000(税込)

リピーター割引・ご家族割引 \28,000-

 

◯目的:3つの「愛でる」

・光を愛でる

・写真を愛でる

・時を愛でる

 

◯参加資格

・年齢、性別、国籍、写真歴の長短は不問

・光、季節、話等を通じて、写真の時間を純粋に楽しみたい方

・毎回出される「お題」に積極的に取り組むつもりの方     

※ カメラをお持ちでない方はご相談ください

 

◯修了特典

・ 当ギャラリーでの展覧会が20%割引で開催できます。

・ 撮影会、自主講評会、美術館見学、懇親会なども実施しています。(コロナが落ち着いたら)

・受講生による展覧会を定期的に行います。

 

◯お申込み方法

・ご芳名

・ご連絡先(メールアドレス、日中ご連絡可能なお電話番号)

を明記の上、メールまたはFacebookメッセンジャーにお送りください。

お手続きにつきまして返信いたします。

 

 

 

インターネットは広義の「光」によるネットワーク。そんな「光の時」を楽しみましょう。より広い視野から、今日の写真を考え、つくり、共有しましょう。

 

 

 

 

 

 

〇講師

安達ロベルト

アーティスト/写真家/作曲家

www.robertadachi.com

上智大学法学部国際関係法学科卒業。大学では難民問題を研究

演劇・ダンス・映像・テレビ番組等に楽曲を多数提供

銀塩モノクロ写真制作を活動の核に置き、広告・エディトリアル等の分野でも撮影

ファインアートの分野で、国内外で受賞多数

写真の魅力を音楽や水彩、ドローイングなどのアプローチで引き出すワークショップも行っている

 

◯主催・会場

ギャラリーカメリア

東京都中央区銀座1-9-8 

奥野ビル#502

連絡先Mail:info@gallerycamellia.jp 

 

 

 

©Robert Adachi

©Robert Adachi