安達ロベルト×ギャラリーカメリア写真講座  

【 光の時 | Time for Light 】

 

5 /16 15期定員に達しましたので募集を締切ります

 

 

5年目に突入する2020年の写真講座がスタートいたします。

受講生それぞれにとっての着地点がみえてくる時間となりそうです。カメラを触ったことがない方、普段からたくさん撮っている方、写真以外の表現で制作されている方など、どなたでも受講いただけます。(15期・定員に達しました 5/4)

 

 

オンライン授業の様子はこちら

 

 

 第14期 / 第15期    作品をつくる 

 

 

週末の朝、コンテンポラリーアートを展示するギャラリーで、写真のもっとも基本であり永遠の課題でもある光を愛でることをその核に置きながらつづけている写真講座「光の時」。

 

講座に来るたびに同時代のアートに触れることができるという他にはない環境から、多くの受講生が、アートとしての写真に関心を持ち、自分もつくりたいと思うようになるのはごく自然なことです。そこで、14期、15期では、2期を通して「作品をつくる」ことにフォーカスします。ここでは、展覧会をする、写真集をつくる、ポートフォリオレビューに出すなどといった、具体的な発表の場を想定し、写真作品をつくります(ただし展覧会等は必須ではなく希望者のみです)。

 

「光の時」が他の写真教室等と比べて最もユニークな点は、講師が与えるテーマやモチーフを撮るのではなく、「自力で探し当てた価値やアイディアをもとに写真をつくる」ところにあります。そこには正解がありませんから、むずかしく感じることもあるでしょう。しかし同時にそれは自由であり、本当の意味での自己表現でもあるのです。

 

多数の展覧会を行い、写真集を出版し、レビューをされる側もする側も経験してきた講師と、多くのアーティストたちと展覧会をつくりあげてきたギャラリストが、経験者はもちろん、未経験の方でも、より完成度の高いものがつくれるように視点を提供し、方向付けをします。具体的に展覧会開催、写真集制作など、作品発表を考えている方には、別枠でのサポートもあります。

 

作品をつくりあげることには、言葉で形容しがたい充実感があります。しかもそれを、同じ志しを持つ仲間とともに、さらには講師やギャラリストのコーチングのもとで行うことで、1人では到達できないところへ行ける可能性があります。

 

第14期 → 終了いたしました
「安達ロベルト式創作メソッド」

 

写真をまったく新しい切り口で考え、制作してみましょう。ファシリテーションの手法を使って、あなたが心の奥で漠然と考えていることをクリアにしていきます。作品制作には、作者の技術、知性、熱量が等しく大切だと考える講師とともに、一人ひとりの命題をわかりやすく具現化していきます。14期にして初めて、具体的な発表の場を想定した作品づくりをします。

 

第15期 → 定員に達しました

「写真とことば」

 

現代の写真作品では、ステートメントなど、ことばが大切に扱われます。この期では、写真とことばの関係を新たな視点から捉え、定義し、自身の作品にふさわしいことばを紡ぎます。写真における「光の力」を大切にしながら、「ことばの力」を知り、自分自身の表現を探します。14期と連続で受講すると、よりクリアな言葉を得られることでしょう。

 

5月4日追記

新型コロナウィルス感染防止の観点から、安全な状況が確保されるまでは、オンライン講座とします。(5月の回はオンライン決定)

 

たまたまでありますが、今期は「ことば」がテーマです。外に写真を撮りに行く機会が減った現在、ご自宅で、ことば、そして写真と向き合ってみませんか。オンライン講座は、かえって対面以上にことばをシェアしやすいかもしれません。将来に対する漠然とした不安を感じている方もいらっしゃることでしょう。その感情を、作品に昇華させてください。

  

この15期の期間中は、講師の安達ロベルトが、毎週1通、受講生だけに公開する創作のヒントを盛り込んだレターをお送りします。(5月4日追記ここまで)

   

 

  

[日程]  土日どちらかお選びください。
すべて 9:00〜11:30 です。

 

第14期 → 終了

 

土曜日:1/18(土)、2/8(土)、3/14(土)、4/25(土)

日曜日:1/19(日)、2/9(日)、3/15(日)、4/26(日)

 

第15期 初回はオンライン授業となります

 

土曜日:5/16(土)、6/13(土)、7/18(土)、8/29(土)

日曜日:5/17(日)、6/14(日)、7/19(日)、8/30(日)

 

 

[定員] 各期・各曜日 6名(両期通し受講の方優先)

 

[受講料]


14〜15期通し: ¥60,000(リピーター割引/家族割引 ¥54,000)

 

どちらか一方:¥32,000(リピーター割引/家族割引 ¥28,000)
※両方受講したいが別払いにする場合この価格です。

オンライン授業の場合、1000円返金いたします(←5月4日 更新)

 

14、15両期を受講される方で、展覧会開催、写真集制作など、作品発表を考えている方は、講師とギャラリストによるサポートがサービス価格で受けられます。

もっと詳しく知りたい、参加したいけれど全回出席するのがむずかしいなど、お気軽にご相談ください。

 

 

講師:安達 ロベルト


1969年、新潟県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。アナログ白黒作品制作を活動の中心におき、国内外で展示および受賞多数。写真集に『Clarity and Precipitation』(arD)など。

 

www.robertadachi.com

 

 

◯参加資格
・年齢、性別、国籍、写真歴の長短は不問
・光、季節、話等を通じて、写真の時間を純粋に楽しみたい方
・毎回出される「お題」に積極的に取り組むつもりの方     
※ カメラをお持ちでない方はご相談ください
 
◯ドレスコード
・男性は襟のついたシャツまたはジャケット
・女性は男性に準ずる服装
 
◯修了特典
・ 当ギャラリーでの展覧会が20%割引で開催できます。
・ 撮影会、自主講評会、美術館見学、懇親会なども実施しています。
・受講生による展覧会を定期的に行います。
 
 
◯主催・会場
ギャラリーカメリア 原田直子
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル#502
連絡先Mail:info@gallerycamellia.jp

 

 

お申し込み方法 

 

・ご希望のコースと曜日
・ご芳名
・ご連絡先(メールアドレス、日中ご連絡可能なお電話番号)

 

以上を明記しメールでお申込みください。

お手続きにつきまして返信いたします。
 
他の講座にはない、ロベルト氏によるコーチングのような時間はとても貴重で心に響きます。重ねるごとに更なる探究心が湧いてきて、表現や鑑賞にも熱が籠もり、世界の見え方さえ変わって見えるような、一生心に残る美しい時間をご一緒しましょう。

 

 

 

ギャラリーカメリア
原田直子
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル#502
連絡先Mail:info@gallerycamellia.jp