こちらの展覧会は11/7で終了いたしました。
会期より早めの終了で、ご予定くださってらしたお客様には大変申し訳ございませんが、現地天候などの事情により終了が早まりました。
ご理解、ご了承のほど何卒お願い申し上げます。

期間中はたくさんの応援をありがとうございました。


<新潟・竹所プロジェクト イエローハウス展覧会開催のお知らせ>

Gallery Camellia face to face #9  
「秋の路(あきのみち)」

◆展示期間・・・2015年8月29日(土)~11月15日(日) ※
                        土日のみ 10:00~15:00
◆展示会場・・・竹所イエローハウス   新潟県十日町市竹所5502-2
会場アクセス
ほくほく線「まつだい駅」より国道403号を上越方向へ車で20分
カーナビには「竹所生活改善センター」と入力してください

◆参加作家・・・長尾玲子(刺繍)、沼野伸子(油絵)、梅津清子(フラワーアート)、横尾まさこ(ガラス)

ドイツの建築家カール・ベンクス氏が再生した新潟県にある古民家イエローハウスにてギャラリーカメリアとスペインタイル作家の船戸あやこの企画による作品展を開催いたします。

カール・ベンクス氏は1993年、新潟県十日町市竹所(旧松代町室野)で現在の自宅(双鶴庵)となる古民家を購入、再生に着手して以来、住民の1人として継続して集落の活性の為の活動をしていらっしゃいます。


「古い家のない町は、思い出のない人と同じです」
とは、東山魁夷氏からカール氏への言葉です。


銀座に於いて築80年以上という奥野ビル。イエローハウスと同様に古きを大切にしながらも現在と同居している奥野ビル内ギャラリーカメリア所縁の作家4名が、カール氏によって息を吹き返した古民家イエローハウスにて珠玉のカルテットをお届けします。

2015年の新潟は、大地の芸術祭・越後妻有トリエンナーレや水と土の芸術祭で既にあちこちで盛り上がりを見せており、特別な期間となること間違いなしです。
かけがえのない時を一緒に刻みましょう。

「face to face」は、
ギャラリーカメリアが国内外問わず、他のギャラリーや作家との文化交流を目的として2011年より継続している企画展です。

〈企画〉
ギャラリーカメリア
スペインタイル作家 船戸あやこ

問い合わせ
◆展示・作品に関して
ギャラリーカメリア

◆イエローハウスに関して


Gallery Camellia

■住所

   〒104-0061

   東京都中央区銀座1-9-8奥野ビル502号

 

■連絡先

   info@gallerycamellia.jp

 

■営業時間

12時~19時 (最終日17時まで)

展示によって異なりますので

あらかじめご了承くださいませ。 

 

■10月の休廊日

10/2、3、4、9、16、23、30

 

 

 

安達ロベルト

写真講座

 

 7期募集開始

 

詳細は

写真講座のタブをご覧ください